共有ファイルの集中化を|認識しない外付けのhddはプロに依頼するのが一番

認識しない外付けのhddはプロに依頼するのが一番

メンズ

共有ファイルの集中化を

ファイル

ネットで管理で効率化を

クラウドファイルサーバを導入することにより、経営上の重要情報を一元管理していくことが可能になります。低コストでの導入ができ、必要に応じて、ディスク追加を自由に行えるクラウドファイルサーバで、経営スピードは改善されます。社内でも社外でも同様に、重要情報にアクセスをすることができ、重要情報の伝達ミスを極力防ぐことが可能となります。ネット上のファイル共有ということで、セキュリティ面に不安を感じる方もいますが、自社サーバへのディスク増設より、暗号化や権限の付与等の機能が充実していて、むしろ自社サーバでへのディスク増設より、有効になっています。必要に応じて自由に増設が可能で、業務拡大や人員増加に応じ、最適な増設が可能です。

最小限のコストで導入可能

自社サーバにディスク増設を行なうのは、考えている以上にコストの掛かる投資になってきます。いざ、増設をしても、考えているほど効果を得ることもできず、過剰投資になってしまうことも珍しくはありません。必要に応じて、必要分のみ増加できるクラウドファイルサーバであれば、最小限の投資コストで、満足のできる利便性を享受することが可能となります。繁忙期等の不定期にディスク容量が必要になってくる業種の場合には、自社サーバへのディスク増設ではなく、柔軟に対応が可能なクラウドファイルサーバの導入を検討していったほうが良いでしょう。急速に変化していくビジネスシーンのなか、柔軟にデータの保全を行えるためには、必須のツールです。