認識しない外付けのhddはプロに依頼するのが一番

レディー

共有ファイルの集中化を

ファイル

クラウドファイルサーバは、自社サーバへのディスク増設とは違い、必要な時期に、必要な容量を増設できる点が、人気になっている理由です。業務によって増大していくデータや動画を柔軟に格納でき、社内でも社外でも自由に参照が可能です。低コストで導入でき、最大の効果を得ることが可能です。

Read More...

大切な情報を守るために

システム

データ復旧をしてもらう際には、必ずその会社のセキュリティ対策をチェックして、情報資産を預けても良いかどうかという判断をするようにしましょう。また、スピード対応をしてくれるかどうかというのも、ものすごく大切ですよ。

Read More...

どこでもメール確認

Eメール

簡単で便利なウェブメールは使い方を誤ると他人に見られたり、情報が漏れたりします。しかしながら、しっかりした運用をすれば安心便利なツールなので、ウェブメールを使用する際はルールを守って、しっかりと使いましょう。

Read More...

安くて追加が可能

ハードディスク

簡単なバックアップ装置

パソコンやサーバにはハードディスクが取り付けられています。作業をしてデータを保存する時には、こちらにどんどん保存していくことになります。しかし、ハードディスクは消耗品ですから、いつクラッシュするかわかりません。そこで利用するのが外付けタイプのhddです。パソコンやサーバを新たに設置しようとするとそれなりにかかりますが、外付けのhddを認識させるぐらいならそれほど費用は掛かりません。パソコンなどよりもスペースを取らないので、社員各自に設置させたり、部署ごとに設置させたりすることも可能です。USBケーブルで容易に認識させることができるタイプが多いので、多くのパソコンやサーバに接続して利用することが可能です。

追加することが可能

デスクトップパソコンやサーバは、拡張性が高くなっています。ですから後からいろいろな装置を取り付けることができます。ただ、ノートパソコンはあまり拡張性は高くありません。ですから、最初に購入したスペックで利用しないといけないことが多いです。外付けのhddを利用することで、簡単に容量を増やすことができます。企業内だとパソコンの知識がある人ばかりではありませんが、誰でも簡単に接続して認識させることができます。さらにいいのは、外付けのhdd自体を追加することができることです。サーバのバックアップとして使う場合だと容量を大きくしないといけない場合がありますが、小さいものをたくさん認識させることで、大きなハードディスクのように使うことができます。